Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

With by MapionとWebサービスのコミュニティについて

日記 Web iPhone

今回はあまりメディアにも露出されていないアプリに関してちょっと紹介してみようと思います。

皆さん好きなアプリは多々あると思いますが、3G初期からのiPhoneユーザーとして私がもっとも重要だと思っているアプリはやはりマップアプリだと思います。これは単に自分がいちばんよく使うからという理由だけなので、何か深い論理的な理由があるわけではないのですが。Appleがマップアプリを自社製に変更したときは本当にどうしようかと思いましたが、Googleのマップアプリが出て安心された方も多いと思います。


ただ、初期のiPhoneからマップアプリに関してひとつ不満に思っていたことがあります。マップアプリにはブックマーク機能がありますが、あくまで簡易的なもので整理が出来ないことです。ブックマークしているスポットの数が多くなってくれば、それだけリスト状に表示されるので、多くなるほど探すのが困難になります。


フリーワード検索ができたり、登録したスポットのピンをマップに並べて探したり、タグをつけて管理出来ればきっと便利だと思っていました。なんとか解決しようと、自分で位置情報ソーシャルブックマークサービス(Geoing - 2010)みたいなものを作っていたりもしました。これは結局、サービス自体の規模を最初の構想で大きくしすぎて、一人で作りきれなくなってしまいましたが…。
(しかし基本的な機能は実装して友達数人とプライベートに試用するくらいにはできた)

それからもEvernoteのクラウドAPIを使って、プライベートなスポット管理アプリを作ろうと少し動き始めていました。そんな折にリリースされたのが、マピオンの「With」というサービスです。

iPhoneアプリ版のWith

WithはPCで利用するWebサービス版とiPhoneで利用するアプリ版があります。iPhoneアプリ版ではマイスポットの作成・管理とスポットを整理するためのシートの作成・管理ができます。個人的にはこれだけのことをまさにやりたかったので、個人的には非常に良いと思っています。
ログインが必須ではありますが、Twitter IDでもOKでアカウント作成を要求されないのでいいですね。


「みつける」タブでお店などを検索してマイスポットに登録します。(この検索がいまいちでもう少しなんとかならないのかなぁと思ってしまいます。どうしてもGoogleとくらべてしまうので…)
スポットは検索して登録するだけじゃなくて、登録したい場所を長押しして任意のスポットを登録することもできます。(任意のスポットはおそらくパブリックに公開されないと思いますが、ヘルプなどにはそういった説明がないので不安です…)


登録したスポットは「マイスポット」タブで見ることができて、マップビューで現在地と比較して見たり、横にスワイプして出てくる一覧ビューで見ることもできます。
シートを作成してマイスポットを好きなように整理できます。スポットは複数のシートに追加できます。「中華」と「ランチ」と「京都」シートに入れるみたいなこともできるんですね。(個人的にはタグみたいなイメージで絞り込みができると良いと思っているのですがね…)


マイスポットのシートへの追加はわりとやりやすくなっていて、「マイスポット」タブの右上の「編集」ボタンをタップすると複数スポットをいっぺんにシートに追加できるので便利です。
個人的に嬉しい機能は、マイスポットの検索機能ですね。マイスポットには写真やメモを残しておけるのですが、メモに書いておいたキーワードがマイスポットの検索に引っかかってくれるところがいいですね。ただし、半角スペース区切りなどで複数ワード検索に対応していなかったり、リストでしか検索結果が見れなかったりですが(マップで見たい)。

PC Webサービス版のWith


Webサービス版の方ではマイスポットやシートの作成・管理だけじゃなくて、「まとめ」を作ることができるようになっています。最初はよく理解できていなかったのですが、マイスポットやシートはプライベート情報で「まとめ」がパブリック情報であるみたいです。

使い始めた頃、まとめを一生懸命作っていましたが、あとでiPhoneから見れないことを知ってがっかりしました。「まとめられたお店から好きなやつを選んでマイスポットに登録しろ」というのがおそらく制作者側の意図だと思うのですがね。正直このサービスは、初めての人にとってわかりにくいのではないかなぁと思いました。機能が多くサービス全体の使い方理解するのが大変だと思うからです。
(フォローやコメントやいいねなどなどいろいろ詰め込みすぎ…)

おおきく「まとめ」サービスを強調したトップページになっていますが、その便利さや楽しさに上る階段が急すぎてユーザーがいきなりついてこれないのではないかなぁと感じました。最初はマイスポット管理に徹底してクォリティをあげてユーザーをつけた後に、まとめ機能を追加するなどしてもう少し最初の敷居を下げたほうが良かったのではないかなぁと感じます。まぁこのへんはあくまでも個人的な感想ではありますが。

最近思うのは、SNSやコミュニティサービスみたいなものをいきなり立ち上げようとする場合、よっぽどの戦略や強引なまでのPRがなければうまくいかないのではないかということです(もちろん例外もありますが)。
個人的には、まずはそれ自身がシンプルなツールとして普段から機能した上で、使ってくれるユーザーが集まり、そうすると自然にコミュニティが形成されていくのが理想的であると思うのです。その場合、最初のコミュニティみたいなものはTwitterなど他のSNS上であったり、もしくは日常の会話の中などで発生するのかもしれませんが、そこでユーザーの動向にそったコミュニティ機能やプロダクトを提供していくことが上手くいく方法のひとつではないのかなと思います。
なにやら人が集まってあーだこーだ話せる場に少し色を付けて提供する程度では、長いスパンで見れば飽きられ廃れていくのではないのかなと思います。古来から人が必要としているものは、カタチは変われど本質的には変わらないものですから。そういった極々当たり前の要求に対して革新的な技術をもってして未来を築いていければいいですね。

Withを勝手に盛り上げてマピオンに頑張ってもらおう

なんだか終始否定的なことばかり書いて少し話がそれてしまいましたが、これも期待の現れということで…。私自身はもうすこし使っていきたいと思っていますし、これを読んだ人が少しでも使ってもらえたらいいなと思っています。
Web上のメディアにはリリースがほとんど取り上げられていないですが、ほそぼそとWithを使って応援していきたいと思います。