Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ほぐしつゆ

日記


お昼はいつもお弁当なんですが、
昨日は疲れていたせいか、作り忘れてしまったんです。
それでお昼を買いにコンビニに行って
今日はツルッと冷たい麺がいいなと。
目新しいもので中華つけ麺があったのでそれを買ったのです。


中にはネギ・のり・つゆ・ごまなどが入っていたのですが、
「ほぐしつゆ」というものも入っていまして
どうやらこれを使って麺をほぐせというようです。
おぉ、これはなかなか気が利いていると思い、早速それを麺にかけたんですが
それはそうとこの透明な液体の「ほぐしつゆ」というのは何だろうと
ふと思ったんです。


かけるのを途中でやめて、少し指でさわってなめてみました。
んー、しょっぱい。そしてどこか苦い。
原材料の所にも「ほぐしつゆ」としか記載されていないので
なんだか怪しげな液体というところでモヤモヤのままです。
なんだか怪しげなので「きっとあまり良くない物質が入っているに違いない」と勝手に思い込んだりして
結局、後味の悪い感じでお昼が終わりました。


なんだかなぁ、
みんなそう言うところ気になると思うんだよなぁ。
私は醤油だけはいつも良いものを食べようと心がけているんです。
だって醤油って大事じゃないですか。
そうしていると、科学的に作った醤油なんかはすぐに分かってしまうんですよ。
とくに、後味で、何とも言えない「えぐみ」を感じるのです。
やっぱり見せかけなんだよなぁ。


どこかの偉い先生がこう言っていたんです。
「ごはんを食べる機会って意外と少ないんですよ」
具体的に数字で見せてくれたんですが、
確かにそうだよなぁと思いましたよ。


これから60年生きるとしたら
60(年) × 365(日) × 3(食) = 65700(食)
もっと食べるのかなぁと思っていたんですが、単位が万ですよ。
1年間で1,000と少し。
私なんかだと朝食をほとんど食べないので
365食、おいしぃと思う機会をなくしているのだなぁ。
そう考えるといつももったいない気がして、
ちゃんと食べるようにしたいなぁと思うのですが、
結局身につかないんですよね。ダメだなぁ…。


「食べる」って当たり前のことですが
大事にしなきゃいけないことなんです。